隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションの向上の為にブログを利用しています。 _ 数年前から、国際社会は現代型の”情報戦を主体”にした戦争状態にあります。 _ 地上の支配勢力は、コロナ騒動を演出して私たちの自由を束縛し、新しい社会になることに抵抗しています。 特に、政治家や芸能人などにサタンの影響力か強いので、彼らはコロナウィルスの不安を煽って、ワクチン接種率を高めようと、国民を噓で導いています。 _ 現代科学(量子論的な)の見地からは、人々の意識が多く集まると、物理的に新たな世の中を創る(移行する?)のだそうです。 今は、その過渡期にあり、新しい地球社会に向けてのステップと言えそうです。 健康面・経済面・社会面への不安などで、ネガティブになりがちなことの多い現実社会ですが、ポジティブな考え方をキープしていることが、より良い社会を実現することになりそうです。

経済・金融(お金の仕組み)の勉強

インターネットの第2フェーズへ=今まで埋もれていた価値の顕在化(暗号貨幣の勉強 その2)

新しい経済の価値観については、まだしっかりとイメージしているわけではないけども。 これまでは金銭的な価値が生まれなかったものに、定量的な価値が見出せるみたい。 インターネットの第一フェーズでは、情報の共有が出来るようになったが、第二フェーズ…

暗号貨幣と情報セキュリティの勉強 その1

良い商品であっても、国民が、良い商品であることを理解しなければ、ヒット商品にならない。 これは、あるTV番組で放映されていたノンフィクション(事実)なのであります。 いくら「暗号貨幣」が便利で良いものだと言っても、国民の理解が進まない限りは、社…

NESARA・GESARA法(遅れを取り戻すチャンス)

アメリカに気を取られている場合ではない。 今後数ヶ月のうちに、日本版GESARA法(日本ではJESARA?)が発動されることが予想される。 そうしないと、世界の趨勢に乗り遅れることになってしまうからだ。 「平和ボケ」の日本は、まごまごしていると、一周遅れて…

仮想通貨と財政再建(1)(松田プランのお勉強)

日本の財政の「不都合な真実」

政府は通貨を発行できるのか?

資本主義社会においては、誰が貨幣を発行するのかは決定的(革命的?)に重要な事柄である。 アメリカの FRB(連邦準備制度理事会)は、100%、民間銀行を株主とする民間の組織。 世界の基軸通貨であるドルが、アメリカ政府の意向ではなく、民間(金融資本)の意…

仮想通貨と財政再建(2)(松田プランのお勉強)

今の世代の責任

お金の本質を考える(注)

日本銀行券(お札)は、日本政府(日本銀行)が発行した借用証書である。 日本政府が一般銀行から借金をしないと、お金は生まれない。 「法定通貨」とは、政府が借金の返済を保証した借用証書である。 通貨として通用する為には、次の3つの機能が備わっているこ…

未来社会に向けて、経済・金融(お金の仕組み)の勉強

コロナウィルス騒動をきっかけにして、社会が大きく変わる可能性が出てきている。 政府暗号通貨(仮想通貨)の発行によって財政再建に取り組む、等のアイデアも出ている。 通貨発行の仕組みが変わると、経済社会全体が大きく変わる。 借金をすることでお金を増…

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。