隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションの向上の為にブログを利用しています。 _ 数年前から、国際社会は現代型の”情報戦を主体”にした戦争状態にあります。 _ 地上の支配勢力は、コロナ騒動を演出して私たちの自由を束縛し、新しい社会になることに抵抗しています。 政治家や芸能人などに爬虫類型宇宙人と人間とのハイブリッドが多いので、彼らはコロナウィルスの不安を煽って、ワクチン接種率を高めようと(ワクチンの効果って、マスコミの言っていることを信用していいの?)、国民を噓で導いています。 _ 現代科学(量子論的な)の見地からは、人々の意識が多く集まると、物理的に新たな世の中を創る(移行する?)のだそうです。 今は、その過渡期にあり、新しい地球社会に向けてのステップと言えそうです。 健康面・経済面・社会面への不安などで、ネガティブになりがちなことの多い現実社会ですが、ポジティブな考え方をキープしていることが、より良い社会を実現することになりそうです。

銚子に残されている「晴明伝説」

銚子住民による郷土愛? or「贔屓の引き倒し」?

高校野球の甲子園大会が、「コロナウィルス」の影響で、夏も中止になってしまった。 銚子もかつては野球が盛んで、地元の高校が3校も甲子園に出場している。 同じ市から3校も甲子園に出場したケースは、全国でも稀なケースでしょう。 銚子商業高校は春夏合…

「簠簋内伝」ともう一つの晴明出生地

晴明伝説を伝える「簠簋内伝」によれば、筑波山の麓の明野町猫島と八郷町(現・石岡市)吉生(よしう)にも、晴明の出生伝説が伝わっている。 「吉生」の地名は、晴明の孫「安倍吉生」にちなむという。 この地にも、「晴明稲荷」という祠、「随心井」という井戸…

平安期の2時間ドラマ「銚子娘道成寺」エピローグ編(もう一人の晴明)

「欲深で計算高い主水は、突然、高熱を発して、床に伏し、やがて、延命姫に許しを乞うようにしながら、悶絶死する。 一方、延命姫の死体は魚に食い散らされながらも、櫛と歯だけが外洋に面した川口の河口付近に漂着する。やがて・・」 ここまで書いて、晴明…

平安期の2時間ドラマ「銚子娘道成寺」本編(その3)

海上郡誌には、「親田手毬桜」と題して、真福寺の桜について、こう記載されているそうです。 「豊岡村真福寺境内にあり。一株の桜樹、枝葉漫衍して数十坪・・・、遠く望むときは恰も手毬のごとし。花期の候には観客四方より群集し、段賑を極む。」 檀家総代…

平安期の2時間ドラマ「銚子娘道成寺」本編(その2)

晴明が、今宮村(現在の若宮町、今は利根川には面してはいない。昔は川幅がもう少し広かったのであろう)の船着場に着く頃には、風が強くなっていた。 晴明は、「ひょっとして、舟は出られないかも」と想像はしていたが。 案の定、船着場では、時化(しけ)の為…

平安期の2時間ドラマ「銚子娘道成寺」本編(その1)

晴明は、忍村を後にして、垣根村の根本右兵衛義貞の邸に向かう。 太夫三を仲介に、忍の岸から舟で移動した。 (対岸は常陸国鹿島郡谷田部村、また遠く銚子の川口も遠望できたようだ。 後に、延命姫に追われ、晴明は逃げることになるが、利根川を舟で渡るとい…

平安期における2時間ドラマ「銚子・娘道成寺」プロローグ編

「因果応報」という言葉がありますが。 物事は、何でも、原因があって結果がある。 これは、プラス・マイナスのバランスは必ず取れる、という意味にもとれます。 「延命姫晴明伝説」に当てはめて考えると、地元の延命姫をプラスのイメージにするあまり、晴明…

筑波から東庄・銚子に向かう

「日本名勝地誌」に次の記述があります。 「安倍晴明宅跡長讃村大字猫島の本庄と云える地に在り。・・・俚俗伝うる処によれば、晴明は元本郡の人にして、母を信太姫と称す。三才の時、その母一首の和歌を遺して去り、遂に狐となる。時に、吉備大臣独り筑波山…

花山天皇の退位、晴明の都落ち(その経路)

藤原道長の、「この世をば 我が世とぞ 思う望月の 欠けたることも なしと思えば」は、有名な和歌です。 自分の娘達3人を、天皇の妻として(つまり、娘の生んだ子は、次期天皇の有力候補者になる)朝廷に送り、権勢を思うままにふるった道長にしてみればそう思…

茨城・明野町の「葛の葉狐伝説」・晴明の年齢を考える

「日本名勝地誌」には、「茨城県真壁郡長讃村大字猫島」という見出しの地名があるそうです。(茨城県筑波山麓の明野町猫島のこと) そこに書かれていることは、 「(晴明の)母を信太姫と称す。3才の時、その母一首の和歌を遺して去り、遂に狐となる。」 となっ…

歌舞伎「娘道成寺・安珍」のモデルは、希代の陰陽師・安倍晴明であった!?

歌舞伎舞踊の演目のひとつに、紀州を舞台にした「娘道成寺」がありますが、この物語に出てくる「安珍」という若い僧のモデルになったのは、銚子における安倍晴明ではないのか。 「銚子に伝わる「晴明延命姫伝説」の物語が紀州(和歌山)に伝わったからである。…

銚子の「晴明伝説」・「延命姫との伝説」だけではなかった!

調べていくうち、分かったことだが、銚子に伝わる晴明伝説は「延命姫との伝説」だけではなかった。 昭和の終わり近くの時代に入って、この伝説を元にした「銚子・娘道成寺」としてミュージカル等で上演されたこともあって、有名にはなったが、銚子には他にも…

銚子における安倍晴明像

安倍晴明と言えば、「京都・大阪を中心とする関西の人であり、関東とは関係ない」そう思ってきました。 しかし、出生地だけでも、 大阪 阿倍野区 奈良 桜井市 茨城 筑西市(筑波山の麓) 香川 高松市 4つの候補地が推定されていた事を知りませんでした。 同時…

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。