隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションの向上の為にブログを利用しています。 _ 数年前から、国際社会は現代型の”情報戦を主体”にした戦争状態にあります。 _ 地上の支配勢力は、コロナ騒動を演出して私たちの自由を束縛し、新しい社会になることに抵抗しています。 政治家や芸能人などに爬虫類型宇宙人と人間とのハイブリッドが多いので、彼らはコロナウィルスの不安を煽って、ワクチン接種率を高めようと(ワクチンの効果って、マスコミの言っていることを信用していいの?)、国民を噓で導いています。 _ 現代科学(量子論的な)の見地からは、人々の意識が多く集まると、物理的に新たな世の中を創る(移行する?)のだそうです。 今は、その過渡期にあり、新しい地球社会に向けてのステップと言えそうです。 健康面・経済面・社会面への不安などで、ネガティブになりがちなことの多い現実社会ですが、ポジティブな考え方をキープしていることが、より良い社会を実現することになりそうです。

幕末期に於ける、諸外国からの開国要求(実は、中心は海外南北朝勢?)

<この記事だけ表示>

令和の時期の日本の支配構造を、勉強するにあたっての問題意識は、「何故、大東亜戦争終戦時に原爆が国内で利用されたのか」という点です。

また、核兵器が使われたのはこれが人類初であったのか、という問題意識です。

このことを理解していく為には、学校で教わる歴史観では対処出来ないだろうと思います。 

 

時代は遡ります。

オーストリアのウイーン会議での主役は、ハプスブルク家

そのハプスブルク家が、「海外南北朝勢」(壬申の乱の時期の有間皇子に遡りそう)と関わる、と唱えるのが落合史観です。

当時の主導精神は、自由主義

民族の独立が支持され、多くの共和制国家が成立しました。

(上記は通説によった理解なのであるが、この時期はDSローマ帝国がタルタリア帝国を滅ぼし、歴史を改ざんした時期でもある、と言われる。)

この時期は、日本は幕末期に相当します。

通説では、突然の黒船来寇に驚き、幕府も庶民も大慌て、と描きますが。

それって本当?

外国(特にアメリカ)が、日本より優位にあると見せかける洗脳工作なんじゃないの?

日本は歴史も古く、海外へも昔から進出していたみたいだから。

朝廷は、海外南北朝勢から情報を得て、対策を予め練っていたんじゃないの。 

 

もし、その対策の一環として、明治維新の段階で、大室寅之祐が佑宮睦仁親王にすり替わっていたら。

これは堀川政略により、「國體天皇」と「政体天皇」に分ける為のれっきとしたプランであり、陰謀論的な次元のものではない。

(しかし、現皇室が大室寅之祐の子孫であるかどうかについては、はっきりとはしていないが)

大室家は、崇光天皇の異母兄である興良親王の末裔であり、「大塔政略」によると皇位継承権はあるのですが。

寅之祐の母は再婚であり、寅之祐はその連れ子であり、養子に入り大室姓を名乗っているので、彼の血筋が気になります。

 

勉強するにあたって歴史的順序から言えば、明治維新期、幕末期、江戸時代の皇統史の順なのですが、まず南北朝時代の皇統史から学んでいきます。

やはり、日本の歴史を学ぶには、皇統史を学ぶことは不可欠ですから。

 

なお、以下は落合莞爾氏の歴史考察・造語に準拠しながら、この記事を書き進めます。

 

明治維新期における政略(堀川政略)については、南北朝期の「大塔戦略」が根底にあるようです。

通説では、皇統が南北朝に分かれ、現在は、後南朝の流れと北朝の流れとなっており、現在の皇室は北朝の流れと言われていますが。

これに異を唱えるのが、落合史観です。

 

 北朝光厳天皇が即位したのが1336年。

そして、南朝大塔宮護良親王の王子が、光厳天皇の籍に入って崇光天皇になる、と考えます。

また、護良親王の王子・王孫が渡欧してオランダ王室・ベルギー王室の家祖となる、と考えます。

爬虫類型宇宙人との関係を考えると、将来的には、王室制度ってどうなっちぁーの?

 

結局実質は、表向き南北朝二つに朝廷は分かれても、 すぐに解消され統一される。

幕末における、海外からの開国要求も、海外南北朝勢からの、いわば仲間うちからの要請であったことになります。

日本の動向は、国際社会の思惑によって左右されていることになっていますが、「国際社会」と言っても、実際その源流は、世界で一番歴史の古い日本皇統の流れだったのではないのか?

 

横須賀御真影(睦仁親王とされる写真、実際は別人物らしい)

https://msp.c.yimg.jp/images/v2/FUTi93tXq405grZVGgDqGyqPZAayYuHzw6fFNhYzNCUdIzoRPFtz6Zb4jJOOtEnB-6h_XC7sODWgyX3kCrgFkv6P9LL4E5j0Cd58oHPpM8ogw58ihvYUdZnLDZtMycp1ctxN2pJVKwhlehjJ_XqK-HRnadgH128TAXNSEu3NfbYH2gavkLZGySqDUMMgixxvQNvG429Rb6hM76_vIY7q_hwabi3VIBom_Nlt4cSZNl8QKHvsTI_UNwR_gg6Czes7AhhlIWmL3Dppp79xAsruIw==/eaa64ec10196212dae33efcc17150ee3.png?errorImage=false

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。