隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションを高めるために、このブログ を利用しています。

バカに出来ない。「陰謀論の世界」(陰謀は普通に「存在する」)

マスコミが揃って騒いでいるとき(あるいは、揃って沈黙しているとき)は、警戒感を持った方がいい、というのが経験から言える。

例えは悪いのだが「ヤクザ同士のケンカは、世間のカタギの人達には内緒にしておく」ようなものだ。

 

以前、民主党(日本の)が選挙で勝ったときには、事前に、マスコミ主導で自民党批判が行われた。

その時には、マスコミに対する一定の信頼感があったのだが、しかし・・・。

その時の反省から、日本国民は、マスコミ・野党に対しての信頼感を持つことができないでいる。

 

アメリカのマスコミほど露骨ではないが、日本のマスコミの報道姿勢も似たりよったりだ。

陰謀論」とレッテルを貼って、自分の意見に合わない論を封殺している傾向がある。

この間の大統領選挙報道を巡る、日米のマスコミの報道の仕方にも、国民の不信感が増大している。

コロナに対する報道の仕方も、なんとなく胡散くさい。

 

陰謀論の例をいくつか挙げると。

 

・2001年9.11の同時多発テロの際、ビン・ラディン_ファミリーの国外脱出を手助けしたのは、ジョージ・ブッシュである。

同時多発テロを口実に、イラクに戦争を仕掛けた。

 (テロ行為そのものに諜報機関が絡んでいれば、あり得る)

ビン・ラディンは生きている。

(トランプ大統領リツイートしている)

・コロナ・ウィルスは、人口削減の為の生物兵器だった。

(映画の「インフェルノ」みたい)

・コロナ・ウィルスは、中共の仕掛けた生物兵器で、トランプ追い落としの為に使われた。

・投票を黒幕が操っている。(これって、既に陰謀論じゃなくなっているでしょう!)

・2016年の大統領選のとき、ロシアの介入があった。

・2020年の大統領選のときは、中国の介入がある。

 ・DSの中心勢力は、宇宙人が変身したものである。

・QアノンはジョンFケネディJr.のことで、彼は生存している。

オバマの妻は、ファースト・マンであった。

等々

 

最近のアメリカ大統領選って、虚実入り乱れて陰謀論が飛び交っている。

 

「New World Order」(新世界秩序)って、歴史的にも昔からあった概念で、グローバリズムと同じことじゃないの。 

それって、そういう「陰謀」があったことを暗示してない?

今まで「陰謀論」として片づけられていたことが、「事実」になっていくことも近いようだ。

 米大統領選に早くかたをつけて、次のステップに進んで、今まで秘密にされていた情報(数多くの特許を含む)が公開されることが期待されます。

 

 


【エンタメ陰謀論】秘密結社の精鋭が集結した究極の組織を秋山眞人先生が斬ります!

 

 


【“陰謀論”とバカにする方へ】国際政治は“陰謀”を抜きにしては何も語れない

レジ袋有料化の腹立たしさ(環境税への布石?)

 レジ袋を有料化して、環境問題に関心持つようになった人はどれだけいるだろうか。

スーパーやコンビニのレジなどで、レジ袋の必要の有無、サイズの判断など、面倒な手間が増えて、腹立たしいだけである。

実際にエコに役立つのなら、我慢も出来よう。

しかし、そうではなさそうである。

レジ袋に入れずに、商品を店の外に持ち出したら、"万引き犯"みたいで気持ちが悪いんですけど。

マイバックを持ってこない客、だって多い筈。

客に不愉快な思いをさせては、サービス業とは言えないだろう。

 

アメリカでは「グリーン・ニューディール」という言葉があるそうだ。

将来における環境問題(人口問題も含まれる)と経済格差の是正とを絡めた用語だ。

日米の左翼勢力やマスコミが、この事がこれからの主戦場と考えているのだろう。

それに当たって、まずは「レジ袋有料化」から、なのかもしれない。

 

 


【日本の闇】レジ袋有料化の闇に迫る!結局コレ意味あんの?【激怒】

玉崎神社を訪れる(平田篤胤の歌碑、飯岡助五郎の碑ほか)

以前から訪れたいと思っていた旭市飯岡の玉崎神社に行ってみた。

関心のないときは、普段、何気なく前の道を、車の運転をしながら通っていたのだが。

関心を持って訪れると、「あ、此処のことだったのか!」と、改めて驚いてしまった。

  

幕末の国学者平田篤胤というと、江戸の人というイメージだったのですが、此処の神社を訪れていたのである。

篤胤は、天狗に付いて修行したという「寅吉少年」へのインタビューを元ネタに「仙境異聞」という著作を江戸時代に著している。

その後、「和製スピリチュアリズムの祖」と言われる浅野和三郎(注)が「岩間山人と三尺坊」という本で紹介している。

そして、浅野和三郎の弟子が、寅吉少年のその後を追って調べたそうである。

すると、寅吉少年の子孫が銚子で「天狗湯」という銭湯を営んでいることがわかったそうです。

私は、「まほら風」のブログのRomanさんの情報を頼りに、「天狗湯」の跡地に行ってみました。

しかし残念ながら、Romanさんが得た情報以上のものは掴めませんでした。

 

ところが、調査の過程で、興味深いことがわかりました。

私の、亡くなった、母方の祖父が天狗湯の近くの銭湯で、風呂桶修理・三助として働いていたのです。

だから、祖父は天狗湯についてのなんらかの情報を持っていた可能性がありました。

また、寅吉少年については、文化庁が中心になって来年あたりアニメ化する動きもあるそうです。

平安時代陰陽師安倍晴明と幕末期の国学者平田篤胤との間には、天文学の分野を通じて、意外な関係がありますが、これは別記事でアップするつもりです。

 

また、飯岡助五郎も(講談等の)天保水滸伝で有名です。

天保水滸伝の中では、侠客であると同時に十手を預かっているので、いわゆる「二足のわらじ」を履いていたことから、悪役のイメージが付いていますが。

神社に祀られているところから判断すると、むしろ、人望のある愛されていた人といった印象を受けます。

(別次元の話で、意味不明と思われる人も多いと思いますが、将来「ブロックチェーン」の技術が発達して、歴史的事実が、改ざんされないで、そのまま保存される時代がやって来るのかもしれません。)

侠客だからと言っても、悪い人とは限らない。

(ちなみに、「銚子の五郎蔵」の墓は、銚子の円福寺にあります。)

助五郎は、玉崎神社の裏手にある稲荷神社をよく信仰していたそうです。

私は、狐は比較的に霊的パワーがあるように感じています。

人の往来が多い本堂よりも、あまり注目を浴びない裏側の神社の方が、良くも悪くも、霊的パワーが大きいのでは、と思っています。

 

また、映画や小説で有名な「座頭市」は、飯岡助五郎の子分で盲目の人がモデルだそうです。

また、アメリカ大統領選での、トランプ大統領の振る舞いを見ていると、「寅さん親分」という呼称にシンパシーを感じる日本人も多いのでは、と思えてしまいます。 

 

(注)

浅野は、海軍機関の学校で、英語教師をしていました。

兄は海軍中将、娘は海軍軍人の秋山家に嫁いでいます。

TVドラマや小説「坂の上の雲」に登場する海軍軍人の家です。

 

日露戦争のときの日本海海戦を勝利に導いた、秋山真之中佐の霊夢の話を、浅野は、彼から直接聞いているそうです。

 

ところで 、最近、GoogleYoutube,Gmail等の動作が不安定だ。

アメリカ大統領選の影響が出ているのかもしれない。

Youtubeの言論規制に抗議する意味で、動画のアップロードには、しばらく「ニコニコ動画」を使います。

www.nicovideo.jp