隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

ナショナリズムの逆襲で、グローバル企業の「GAFA」は今後どうなる?

やっと、「緊急事態宣言」が解除になった。

そもそも、欧米と日本とでは被害状況が、桁違いに異なっている。

日本では、例年のインフルエンザの致死率よりも低いのである。

日本での対策は、神経質になり過ぎという感じがしている。

緊急事態宣言期間中、日本の大手マスコミで、そのことを指摘して疑問を呈したのは、私の知る限り、皆無だったと感じている。

不安感を煽って事実をごまかすのがマスコミの役割だ、と主張する理由の一つである。

 

さて、書籍を購入する際に頻繁に利用するAmazonなのであるが(街中の本屋よりも在庫が多く、注文してから入手するまでが早い)、最近ちょっと不信感が生じている。

地元のホームセンターで、ドライブ・レコーダーを購入したのだが、あまりにも使い勝手が悪かったので、即返品。

その製品が中国製。

もう二度と中国製の製品は買わない、と思っていたのだが。

 

最近Amazonを通じてワイヤレス・イアフォンを購入した。

ワイヤレス・イアフォンを購入するのは初めてだったので、購入する際のポイントも分かりませんでした。

購入を決めたのは、製品の「レビュー 」が高評価で廉価だったからです。

今になって思えば、詐欺まがいの商法とも、思えてしまう。

(あくまでも、Amazon自体を批判しているのではなく、製造業者等を批判しています。)

 

不審な点

・メーカー表示が無かった。

そもそも、中国製と知っていれば、購入しなかった。

・「レビュー」の件数が異常に多かった、通常の件数よりも1桁ぐらい多かったように記憶しています。

それだけ、使用実績があると理解していました。

・実際に使ってみたら使い勝手が悪く、あんなに高評価の「レビュー」になる筈がない。

・親切を装っているが、「カスタマーサポート」に連絡がつかない。 

実際には、耳への装着感も悪く、軽く触れただけで音量が変わってしまったり、再生が止まったりしたので、使い物にならなかった。

 

GAFA」はグローバル企業とは言っても、実質的には中国と関係が深い。(注)

今後ますます、世界中でGAFA規制が強化されるだろう。 

グーグル、アマゾン、フェイスブックは基本的にサービスのみを提供している。

モノを製造して、販売しているわけではない。

今後「ポスト5G社会」を睨んで、IntelMicrosoft、NTT、Sonyなどが協力体制を組むそうだ。

これらはみな、モノを製造・販売している会社である。

やはり、「モノづくり」が一番堅実なのでは、ないだろうか。

 

(注) いわゆる「BATH」、Baidu,Alibaba,Tencent,Huaweiの行く末は推して知るべし、である。

 

 


新しいネットワークの構築が始まる【渡邉哲也show】 

銚子住民による「郷土愛」?or「贔屓の引き倒し」?

高校野球の甲子園大会が、「コロナウィルス」の影響で、夏も中止になってしまった。

銚子もかつては野球が盛んで、地元の高校が3校も甲子園に出場している。

同じ市から3校も甲子園に出場したケースは、全国でも稀なケースでしょう。

銚子商業高校は春夏合わせて、全国優勝1回、全国準優勝2回、の古豪である。

打線は、「黒潮打線」などと呼ばれていた。(本家は土佐の高知商業である。)

子供の頃は、銚子商業の試合で中継があるときは、親子でテレビ・ラジオの前にかじりついていたものである。

嘘か本当か、銚子商業の試合のテレビ中継があるときは、街中が静かになり(車が走らなくなる)、パチンコ店から客がいなくなる、と言われていた。

いつの試合だったか覚えてはいないが、甲子園のスタンドにやたら何本も大漁旗が振られていたことがある。

高校野球なのだし、相手チームへの配慮がもうちょっとあってもいいんじゃないのか、とは思っていたのだが。

応援する際のマナーや、応援旗の本数の規制が始まったのは、銚子商業が全国優勝した翌年の甲子園大会からである。

行き過ぎた「郷土愛」ではないのか、と思う。

結果的には、銚子の品位を落としてしまっている。

 

同じことが、延命姫と安倍晴明との伝説に言えるのではないだろうか。

 地元の延命姫にスポットを当てたいが為に、安倍晴明を引き立て役にしてしまっている。

結果的に、安倍晴明を観光の目玉として打ち出せない。

  

コロナウィルスの話題で連想するのは、台湾のことである。

コロナウィルス感染の対応を巡って、際立って感染者が少なかった。

学校の海外への修学旅行で多いのは、台湾が一番多いのだそうである。

中国や韓国は安全性の面で、敬遠されているそうだ。

台湾は、近くて治安も良さそうな感じがする。

台湾はかつて日本の一部だった歴史が長い。

戦前、台湾の高校野球チームが、甲子園大会に参加していた。(15回以上、準優勝したこともある)

知らなかった。

その意味を知らされなかった。

そういえば、東日本震災のときも多額の義援金を送ってきたこともあったっけ。

親日国以上の特別な存在だったのである。

中国への批判が強まるにつれ、今後、台湾独立への気運が高まりそうだ。

 

 


映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』予告編

 

チャイナ・パージに起因する<ソフトバンクの憂うつ>

私の持っているスマホソフトバンクiphoneなのであるが、 2020年以降のソフトバンクをめぐる雲行きが怪しくなってきた。

5Gに対応するスマホは販売されるだろうが、将来を見据えた6G戦略が見えてこない。

「ポスト5G」においては、中国企業を排除した形で「西側連合ネットワーク」(GAFAは国家の枠を超えたグローバル企業なので、今後の先行きどうなる?)が構築されそうな状況だ。

そのネットワークの中では、日本企業も中心になる可能性もある。

ソフトバンクグループは中国IT関連企業に大きく投資しているが、米中貿易戦争の影響により、「アフターコロナ後」の世界金融の状況はどうなってしまうのだろうか。

ソフトバンクは、そのソフトバンクグループ(メインは投資業務)の携帯電話部門の会社である。

 

第36回未来投資会議(2020年3月5日開催日)において 、安倍総理は「一国(中国を意味する)への依存度の高いもので付加価値の高い製品の(日本)国内への生産回帰を図り・・・そうでないものは、一国に依存せず、ASEAN(東南アジア諸国連合)等への生産拠点の多元化を図り・・・」等と言及している

4Gまでは大きく出遅れている日本社会であるが、5G・6G社会では大きな巻き返しに出ることが予想される。

 

現在の日本においては、Softbankのデジタル通信網の基地局huawei社製からそれ以外の製品に切り替えているのであろう。

去年だったろうか、softbankの通信網が一斉にダウンして、softbankの携帯・スマホが繋がらなかったことがある。

ネットワーク通信網を外国に委ねていることの、危うさである。

何らかの恣意的な思惑が絡んでいるとしたら、薄気味悪い事である。

というか、日本の安全確保の面で混乱しかねない、大変重要な問題である。

 

因みに、初期のソフトバンクのCMは孫正義氏が企画したそうだ。

白戸家」のお父さんの名前は、「白戸二郎」。

これは、戦前・戦後、「活躍」した実力者「白洲次郎」をもじっているそうだ。

白洲次郎は、いわゆる朝鮮人を揶揄した発言をしていたそうです。

孫正義氏は、これを根に持っているのではないのか?

また、韓国社会では、黒人と犬が蔑視されているそうです。

何故、わざわざそれをCMのキャラクターに使ったのだろうか。

今のCMはいくらかましになっているが、初期のソフトバンクのCMには民族差別的な違和感を感じていました。

 

 


ソフトバンクは生き残れるか?[R1/11/30]