隠された安倍晴明 (銚子に残されている晴明伝説を中心として)

紀州の娘道成寺・民間陰陽師たち・平家の落人伝説・霊的事柄を考える

銚子に残る平家の落人伝説 I

銚子の「犬吠」という地名は有名ですが。

その昔、義経主従が、奥州藤原氏を頼って海路を落ちのびていったされるが、残された愛犬が主君を慕って吠え続けた、とされることに地名の由来があります。

銚子には義経にまつわる数多くの伝説が残されているのですが、史実に照らして考察するなら「そういうことは無いでしょ😅」と言いたくなってしまいます。

 

そもそも、銚子に残されている平家の落人伝説とは、いかなるものでしょうか。

そして、義経伝説との関連性は?

 

時忠天神と笹巻橋

修験者姿に身を変えた義経一行は、常春の弟、弘常に守られながら佐貫城に入り、病弱の時忠の回復を待っていたが、千葉常胤の追手の気配を知り、犬吠へ向かう途中、とある流れに会い、渡るにも橋がない。

時忠は馬の鞍を川の中に置かせ、義経一行はそれを飛び台として渡った。

これが「鞍橋」、転じて「倉橋」の地名になった。

時忠は義経のそれ以上の庇護を断り、供の者数名を連れ、猿田の里へ向かう。

海上川(現・高田川)にさしかかったが渡る橋がないので、近くの笹竹を曲げて橋として渡った。(笹曲橋のちに「笹巻橋」と言うようになった)

「命あらば、またも渡らん下総の、海上川の笹曲の橋」

のちに時忠が詠んだ歌である。

時忠は病状が悪化し、歩くことも困難となり、食物や薬もなく、途方にくれたところを、近くの農夫に助けられ手厚く看病された。

時忠主従は、この地を安住の地と定め、村人たちに読み書きを教えながら、その生涯を終えた。

死後、村の人たちは供の者から時忠の名を聞き、その徳を慕って天神を建てて霊を祀り、「時忠天神」と呼んで、今でも学問の神として、信仰を集めている。

 

以上が、銚子に残されている「平家の落人」伝説の代表的なものですが。

平家の落人って、あまり目立たないように、山奥にひっそりと隠れ住んだイメージが強いけど。

銚子に残されている平家の落人伝説から判断すると、人里近い平野部にも住んでいたのでは。

鎌倉幕府による「平家の落ち武者狩り」って、初期の頼朝の時代は厳しかったかもしれないけど、だんだんと緩くなったのでは?

源家は3代で消滅するし、初代の執権・北条時政は平時政であったのだから。



参考文献「銚子の歴史と伝説」

 

f:id:choshi-history:20200214103709j:plain

時忠天神(倉橋天神社)

 

超能力捜査について考える

元・聖心女子大学教授の鈴木秀子氏は、階段から落ちるという事故を通して、臨死体験を経験する。

クリスチャンである彼女が経験した臨死体験で出会った世界は、なんと仏教的世界であった。

また、友人の結婚式を通して知り合った僧侶は、霊能を利用して警察の捜査に協力した過去をもっていた。

ホテルの部屋に招待された鈴木氏に、その高野山の僧侶は、僧侶になった経緯を話しだす。

警察は表面上は肯定していないが、一定の事件には霊能者の意見も参考にしている。

自分は霊能を使って、警察の捜査に協力していた、とのこと。

やがて、そういう自分自身の生き方に疑問を感じ、僧侶になった、とのこと。

 

元・公安警察官の北芝健氏は、警察と霊能者とのつながりを隠さない。

米国においては、元FBI捜査官のマクモニーグル氏や「ミディアム」のドラマに登場するアリソン・デュボア女史等、一定の市民権を得ている。 

 

日本の警察も、公式に霊能を認めれば、未解決事件も減ると思うのだけど。

 

 

 


ATLASラジオ161:サイコメトラー再登場!和歌山カレー事件冤罪説リーディングする

和歌山カレー事件の闇

いずれ、時期が来たならこの種のカテゴリーを作る可能性があるのではないかとは思っていましたが。

緊急性がありますので、今の時点でカテゴリーを作っておきます。

 

私が専門学校でコンピューターの知識を学んでいた45年前は、そもそもパソコン自体が世の中には存在していませんでした。

コンピューターといえば大型機を指し、空調の効いた専用の部屋で取り扱うもの、といったイメージでした。

 

外資系の事務所で、IT技術者として長らく勤務していたので、ネットワ-クの世界に触れる機会は、日本人としては早かったようです。

インターネットのホ-ムページを作ったのもかなり早く、今でも私より上の世代でホームページを作る人はかなり少ないでしょう。

初期のインターネットの世界は、無法状態で、インチキくさい情報や、ロボットを使ったアダルトサイトの変テコリンなコメントも多かったのもあり、インターネットからはしばらく離れていました。

その内、ホームページを更新することが面倒くさくなって、長い間やめていました。


それにひきかえ、ブログはメンテナンスが楽なので、細々やっているというわけです。

 

最近はインターネットの世界も向上すると同時に、ネットユーザーの情報選択能力も向上して、信頼性が増してきています。

情報拡散のツールとして、市民権を得つつあります。(日本に於いても)

日本人の年配者に間には、インターネットが普及しているとは言いがたいのですが。(パソコン自体も登場したのが、つい35年程前、無理もないと思います)

国家権力による冤罪事件は、従来は左翼的視点から語られることが多かったのですが、超能力をキッカケにした観点からは初めてかも?

  

 


ATLASラジオ スピンオフ 和歌山ヒ素カレー事件 林真須美冤罪説、国家権力の深い闇 山口敏太郎×林眞須美長男【前編】