隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションの向上の為にブログを利用しています。 _ 数年前から、国際社会は現代型の”情報戦を主体”にした戦争状態にあります。 _ コロナ騒動も、彼らの「戦略」の一環です。 コロナ騒動を隠れ箕にして、実は別の、政治的・利権的な思惑がありそうです。 政治家や芸能人などに爬虫類型宇宙人と人間とのハイブリッドが多いので、彼らはコロナウィルスの不安を煽って、ワクチン接種率を高めようと(ワクチンの効果って、マスコミの言っていることを信用していいの?)、国民を噓で導いています。 _ 現代科学(量子論的な)の見地からは、人々の意識が多く集まると、物理的に新たな世の中を創る(移行する?)のだそうです。 今は、その過渡期にあり、新しい地球社会に向けてのステップと言えそうです。 健康面・経済面・社会面への不安などで、ネガティブになりがちなことの多い現実社会ですが、ポジティブな考え方をキープしていることが、より良い社会を実現することになりそうです。

時空を遡って歴史の流れを変える組織?(未来は複数存在し、人間の選択の問題?)

<この記事だけ表示>
これは 個人的な意見であり、否定的に捉える人も多いとは思うけども。

 

習近平は元々はディープステイト側の人であった、と想定して

「アライアンス」側が「ルッキンググラス」で未来を覗くと、ディープステイトが中心となって、アメリカと中国が戦争になり、地球を破滅状態に導いてしまう、という未来が見える。
そこで、「アライアンス」側の人が習近平を説得して(或いは、習近平をクローン人間にして)アライアンス側に引き入れて歴史に介入したのではなかろうか。

 

また、2016年にトランプ氏が大統領にならなかったら、第三次世界大戦が引き起こされていただろうと現実性のある予想も立てられていた。

トランプ大統領が歴史に登場してきたのもこの組織の介入があったからではないだろうかと思っているのだが。

(そういう意味では、トランプ自身が未来から来たメッセージャーだったのかもしれません。)

トランプが、就任当初、大統領として各国首脳めぐりをしていたのは、重要な意味をもっていたのではないか?

 

おもしろい考え方のひとつに、「パラレルワールド」という考え方があります。

 同じ瞬間に、同じような世界が同一次元に複数ある、という考えのようです。

つまり、アメリカと中国が戦争になって、地球が核戦争で破滅状態になる「タイムライン」もあるのではないかと考えていますが。

その中にあって、日本はどういう役割を果たしているのだろうか。

国民には秘密裡に、核兵器を持っていたのだとしたら、大変なことだが!

しかし私達人類は、核兵器を使用する「タイムライン」には進まない方向を選択したのではないだろうか。

その「タイムライン」の移行に必要なのが、個人個人の「目覚め」だったのではないだろうか。

 

ぶっ飛んだ話の内容なんで、ついて来れない人が圧倒的に多いとは思うけれど。

将来、量子物理学的なことが常識的な世の中になるのかもしれない。私自身、量子論についてはよく分からないのだけれど。

 


ATLASラジオ2nd 212 ちかみつ登場!時空管理組織TCCが人類の歴史を操作している

将来的には、「反重力装置」の技術を活用して、空間に浮かぶ施設を開発するのでしょうか?
量子論の世界では、「時間」という概念も見直す必要が出てくるとの事。
詳細は、勉強中ですが。

 

下記の動画では、習近平が、バイデン に引導を渡すことを暗示している。

暗号でメッセージを送るのが、トランプファミリーの家風。

Telegram Ivanka Trumpより

www.nicovideo.jp

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。