隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションの向上の為にブログを利用しています。 _ 数年前から、国際社会は現代型の”情報戦を主体”にした戦争状態にあります。 _ 地上の支配勢力は、コロナ騒動を演出して私たちの自由を束縛し、新しい社会になることに抵抗しています。 特に、政治家や芸能人などにサタンの影響力か強いので、彼らはコロナウィルスの不安を煽って、ワクチン接種率を高めようと、国民を噓で導いています。 _ 現代科学(量子論的な)の見地からは、人々の意識が多く集まると、物理的に新たな世の中を創る(移行する?)のだそうです。 今は、その過渡期にあり、新しい地球社会に向けてのステップと言えそうです。 健康面・経済面・社会面への不安などで、ネガティブになりがちなことの多い現実社会ですが、ポジティブな考え方をキープしていることが、より良い社会を実現することになりそうです。

大日本帝国の原爆保有(そして、現在につながる支配構造は?)

<この記事だけ表示>

もし、終戦直前の大日本帝国が原爆開発に成功していて、それが終戦工作に利用されたのだとしたら。

昭和20年8月初頭の時点では、飛行機に乗せて運べる程、原爆の小型化も軽量化も、どこの国も成功できていなかったらしい。

原爆の爆発が、地上からもたらされたものであったなら。

天候に左右されて目標を変更したのではなく、最初から広島・長崎が目標だったことになる。

何故、広島・長崎だったのだろうか?

「過ちは繰り返しませんから」の言葉を真実のものとする為には、事実を知らなければなりません。

(もし、これらのことが事実とすれば、大東亜戦争の戦争観だけでなく、戦前・戦後の日本社会全体の支配構造が根底からひっくり返る!

あるいは、明治維新からの日本の支配構造かも。

明治維新を学ぶ為に、その核となる皇統史を学ぶつもりでいます。

皇統史を学ぶには、南北朝時代南朝北朝後南朝)まで遡る必要があるようです。)

 

一方で、「一億総玉砕!」を叫ぶ日本国民を、終戦に導くことによって日本民族を滅亡から救ったのだ、という議論もある。

(しかしながら、「天皇の赤子(せきし)」「大御宝」とされる日本国民を自ら犠牲にすることは理解できない。日本DS・原子力政策との絡みがあるのでは?大戦の終わらせ方も、仕組まれていたのではないか?と勘ぐってしまう。)

 

また、現時点では「トンデモ情報」の部類に入るのだが。

対宇宙人との関係で、核兵器を使用しての戦争になることを避けるため、(敗戦ではなく)終戦に導くことによって、世界人類を滅亡から救ったのだ、とする議論もある。

 

現在の政変の終わらせ方も、ネット情報にも疎く、日本DSの洗脳度も深い年配者の多い保守陣営には、ソフトランディングで時間をかけて目覚めを促していくことも、一つの方策ではないだろうか。

 

参考) 諏訪軍法

「自ら筋書きを作って負けることによって、相手に勝たせ、勝たせた相手をコントロールする」ことが、諏訪軍法の極意です。

 

全くの私見なのですが。

大東亜戦争の形勢が不利になってきたので、この考え方が、戦争の最終盤で用いられたのではないか。

戦後の経済復興、在日米軍による日本防衛の肩代わり、などがそれに相当するのではないのか?

その為に、日本人の生命が犠牲にされ、また、現在も辛い思いをさせられているのではないのだろうか?

「戦争を終わらすのに、原爆が必要だった」とは、アメリカは言っているが、「だから、投下した」とは言っていない。

 

これも全くの私見なのですが。

日本の歴史を調べると、(「国譲り神話」に見られるように)、強力なパワーを持つ敵対勢力には、勝ち負けに拘らず何度か国を譲り、相手と調和しながら、日本という国を護っています。

大東亜戦争の最終盤で、日本国民が一人残らず「徹底抗戦」をしたら、日本人は生き残れなかったでしょう。

アメリカも犠牲者を多く出したでしょうし、日本が一方的に戦争を終わらせてくれれば、「渡りに船」だったのかもしれません。

戦争の最終盤で、アメリカに国譲りし、勝者を演じさせてやり、日本が潰されずに戦後を上手く乗り切ったのだ、その為の原爆利用だった、という考え方もあり得ます。

勝ち負けしか判断基準のないアメリカ人にとっては、そのような日本人の考え方は不可解であり、時々イラつくことも多いのでしょうが。

 

gab.com

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。