隠された<銚子の安倍晴明 >

隠された<社会_政治の裏側>・霊的な事柄を考える

基本的には、勉強のモチベーションの向上の為にブログを利用しています。 _ 数年前から、国際社会は現代型の”情報戦を主体”にした戦争状態にあります。 _ コロナ騒動も、彼らの「戦略」の一環です。 コロナ騒動を演出して、私たちの自由を束縛して(人類の自由は神様から与えられているにもかかわらず)、資本主義の次なる社会になることに抵抗しています。 政治家や芸能人などに爬虫類型宇宙人と人間とのハイブリッドが多いので、彼らはコロナウィルスの不安を煽って、ワクチン接種率を高めようと(ワクチンの効果って、マスコミの言っていることを信用していいの?)、国民を噓で導いています。 _ 現代科学(量子論的な)の見地からは、人々の意識が多く集まると、物理的に新たな世の中を創る(移行する?)のだそうです。 今は、その過渡期にあり、新しい地球社会に向けてのステップと言えそうです。 健康面・経済面・社会面への不安などで、ネガティブになりがちなことの多い現実社会ですが、ポジティブな考え方をキープしていることが、より良い社会を実現することになりそうです。

ツインタワービルに、飛行機は突っ込まなかった。(マスコミの噓)

<この記事だけ表示>

9・11のツインタワービルの崩壊は爆弾による爆破によるものだった。 

マスメディアが、CGとホログラムを使って、飛行機が突っ込んだように見せかけた。

 単なる、ビルの解体作業を「テロ」にみせかけたインチキ映像だった。

マスコミも彼らの仲間だから、こんな映像を作った。(アメリカにおいても、日本においても、構図は同じ。

コロナ報道も、ワクチン報道も、北朝鮮との関係も、地震報道も、台風報道も、これらの報道姿勢から推して知るべし。)

 

何故、こんなことをするのだろうか。

アメリカは、最初に問題を自作自演して、それを口実に戦争へと突っ込むのが、お決まりのパターンだからである。

 

後日の第七ビルの崩壊報道は、マスコミのフライング報道により、マスコミが彼らの仲間であることがバレた結果になった。

 第七ビルには、余程都合の悪いものが隠されていたそうである。

 

それにしても、飛行機ごと乗客を消すって、どういうこと?

行方不明になっている乗客は何処へ消えたの?

噂になってる地下施設って、本当のこと?

 

自作自演が事実としたら、アメリカ人を犠牲にするアメリカ政府って何?

本当の正体は?

 

Twitterのアカウントが凍結されてしまったので、こちらから。

www.nicovideo.jp


ここまで読んで頂いて、ありがとうございます。